がん医療に携わる専門医師養成コース(大学院博士課程・4年間)

開発型臨床試験研究に精通した「がんチーム医療」を担うコア医師養成コース(5人/年)

がんの分子生物学・診断・治療にわたる基盤知識・技能を涵養し、標準的集学治療の実践と革新的ながん治療法の開発研究を行う医師を養成する。
計画:@基礎医学・開発型臨床研究に関する講義、Aキャンサーボードによるカンファランス、B病棟・外来実習を基本としたコースワークをもって、がん治療の全相における標準治療に精通したがん治療認定医の取得と、リサーチワークによる学位の取得を目指します。


▲上の画像をクリックしていただきますとPDFデータをダウンロードできます。


がん医療に携わるコメディカル養成コース(大学院修士課程・2年間)

がんチーム医療に精通したがん専門薬剤師養成コース(3人/年)

がん薬物療法に必要な基盤知識・技能を涵養し、がんチーム医療において適切な薬学的支援ができるがん専門薬剤師を養成する。
計画:@基礎医学・がんの基盤知識およびがん薬物療法に関する講義、Aカンファランスでの演習、B病棟・外来での薬剤管理指導および薬学的ケアの実習、を基本としたコースワークをもって、がん専門薬剤師の取得と、リサーチワークによる学位の取得を目指します。

▲上の画像をクリックしていただきますとPDFデータをダウンロードできます。


インテンシブコース(研修コース)

地域基幹病院において均てん化がん医療を実践できるがん薬物療法専門医養成コース 研修期間:2年間(3人/年)

均てん化がんチーム医療においてチームリーダーとなるがん専門医師を養成する。
計画:@腫瘍学の基盤知識に関する講義、A複数の臓器・領域にまたがるがん治療の病棟・外来研修、B支持療法・患者支援プログラム研修、CTV会議システムを用いた地域キャンサーボードによる診断・治療の精度管理と質の向上、をもって薬物療法専門医の取得を目指し、地域基幹病院のがん診療連携拠点病院化に貢献します。



放射線治療に精通したがん集学治療のコアとなる専門医養成コース
研修期間:1年間(4人/年)

内科・外科・婦人科・耳鼻科などの特定分野で腫瘍治療を専門とする医師が放射線治療の知識と経験を深めることにより、集学治療のリーダーを養成します。計画としては、3ヶ月の基礎教育と関連機関をローテートしながらの研修からなる。



低侵襲治療専門医養成コース 研修期間:2週間以上から(定員は特に定めない)

均てん化がんチーム医療において、内視鏡手術のチームリーダーとなる専門医師を養成する。
さらには、内視鏡外科技術認定医(日本内視鏡外科学会認定)等を取得できる技術と症例数を経験する。

▲上の画像をクリックしていただきますとPDFデータをダウンロードできます。