設立の趣旨

我が国では、「がん」が国民の最大の死亡原因であり、国民の生命・健康にとって極めて重大な問題となっています。このため、国は「がん対策基本法」を制定し、がん患者がその居住する地域にかかわらず、等しく科学的見知に基づく適切ながんに係る医療を受けることができる、「がん医療の均てん(霑)化」を推進しております。

しかしながら、我々の居住する北東北地方は、がん死亡率が我が国でも最も高く、地域の中核病院が広汎な中山間地域に点在するという地理的阻害要因が拍車をかけ、均てん化された高品質のがん医療を住民が享受するには程遠い状況です。

この北東北に、高品質で開かれたがん医療を推進し、住民の社会福祉を実現するためには、がん医療に携わる多くの関係機関が連携して、がん治療成績の向上はもとより、がん専門医療人の育成、がん予防、がん患者の療養生活の質の維持・向上といった多くの課題に対して、具体的解決施策を協議し、実施することが不可欠と考えます。

がん対策基本法では、国、地方公共団体、医療保険者、国民および医師等の責務が明示され、がん対策を総合的かつ計画的に推進することが謳われております。岩手医科大学、秋田大学、弘前大学、岩手県立大学、の4大学は、本趣意書を以って、北東北の医育系大学、がん診療拠点病院をはじめとした地域中核病院、医師会などの職能団体、地方公共団体が緊密に連携し、北東北のがん医療の均てん化を目指す、「北東北がん医療コンソーシアム」を設立することを提案いたします。


北東北がん医療コンソーシアム設立発起人

  岩手医科大学医学研究科長
鈴木 一幸
  秋田大学医学系研究科長
本橋   豊
  弘前大学医学研究科長
佐藤   敬
  岩手県立大学看護学研究科長
安藤 広子






目的

北東北のがん医療に携わる関係機関が連携・交流を図り、がん専門医療人の育成、がん医療水準の向上、がん医療・予防に関する啓発活動に係る施策を行い、北東北のがん医療均てん化に貢献することを目的としています。