岩手医科大学は、この度、秋田大学、弘前大学、岩手県立大学との共同申請により平成19年度「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択されました。

プログラム名称

北東北における総合的がん専門医療人の育成
(サブタイトル)
−がん多発地域におけるがん医療均てん化のための全人的がんプロフェッショナル育成システムの構築−

「がんプロフェッショナル養成プラン」とは?

このプログラムは、質の高いがん専門医等を養成し得る内容を有する優れたプログラムに対して、財政支援を行うことにより、大学の教育の活性化を促進し、今後のがん医療を担う医療人の育成推進を図ることを目的とする文部科学省の事業です。

プランの概要・特色

北東北のがん死亡率は最も高く、がん医療改善の緊急的取組が最も必要な地域であります。北東北のがん医療の阻害要因として、広大な医療圏、がん専門医師・コメディカルの慢性的不足が挙げられます。これらの要因は本プランの推進により確実に改善し、がん死亡率低下に繋がると考えます。

本プランでは、北東北の3医学系研究科と1看護学研究科が中心となり、地域中核医療機関との連携、情報ネットワークの活用、北東北のがん登録の統一、がん診療の精度管理を行うカンファレンスの実施等により、医療過疎地域を多く抱える北東北地域において総合的がん専門医療人を養成します。

各研究科とも、化学療法、放射線療法、緩和ケアの3コースと臓器別がんの横断的カリキュラムを組み合わせ、大学・関係機関の広域的な協力、地域医療機関の連携、海外研修等を充実させることで、高い臨床能力と研究能力を兼ね備えた総合的・全人的がん専門医等を養成するものであります。

画像をクリックするとイメージ図(PDF)がご覧になれます。

平成19年度 事業実績報告書

画像をクリックするとイメージ図(PDF)がご覧になれます。

平成20年度 事業実績報告書

画像をクリックするとイメージ図(PDF)がご覧になれます。

平成21年度 事業実績報告書

画像をクリックするとイメージ図(PDF)がご覧になれます。